タワーマンション賃貸の耐震性

建物に直接地震エネルギーが伝わるので、地震の揺れは免震構造や制振構造に比較すると大きくなり、家具などが転倒しやすくなります。
・制震構造
制震構造は、建物の中の骨組みの箇所にダンパーという地震エネルギーを吸収するもの等を設けて、衝撃や振動を軽くする構造体です。
タイプとしては、オイルダンパーと柱と柱の間の筋かいを組み合わせるものや、鋼板を間柱の中央に入れるもの等があります。
地震の揺れ以外に、風の揺れに対しても強く、居住性を暴風の際にアップさせるようになっており、多くタワーマンションの場合に導入されています。

・免震構造
免震構造は、地震の揺れを吸収するために、積層ゴム等の免震装置を地面の上に設けることによって、揺れが建物に伝わりにくくなるように考えられた構造体です。
この構造によって建物と地面が切り離されるので、建物の揺れやダメージが少なくなります。
また、建物の中の揺れが少なくなるので、部屋の中の什器や家具が転倒するのも少なくなります。
一般的に、建築費が別の工法に比較して高く、免震装置はメンテナンスを定期的に行う必要があるので、ランニング費も傾向的に高くなります。
地震に対して、3つのこのような構造がどのくらいの効果が期待できるかは、震源からの距離や地震の規模など、いろいろな要因が影響するので一律には言えません。
タワーマンションでは、免震構造、制震構造を導入するケースが、地震が発生した際の建物の揺れの影響を考えて多くなっています。

制震構造と免震構造を組み合わせたものを導入するケースも中にはあり、耐震構造の場合でも工法の特殊なもので建築したものもあります。
60m以上の高さの超高層建築物の場合は、一般的な建築基準法に基づいた審査ではなく、より審査が厳しい国の認定を受けることが必要です。

また、タワーマンションの特徴としては、非常用エレベーターの自家発電装置が付いたものや中央管理室の設置、防災センター消防設備を監視するものを併設しているなど、建築基準の厳しいものにプラスして、防災対策が手厚く講じられていることも挙げられます。