タワーマンション賃貸とは?

タワーマンション賃貸の定義

タワーマンションと言うと、眺めが良く、ステータス性や資産価値が高いなど、多くの人が高級感がある住まいをイメージするのではないでしょうか。
では、タワーマンションとはどのようなものなのでしょうか? ここでは、タワーマンション賃貸の定義についてご紹介しましょう。

・20階建て以上、60m以上の高さが目安 タワーマンション賃貸という言葉そのものには、基準が法的になく、定義が階数によって行われていることなどもありません。 しかし、消防法や建築基準法などでは、建物の高さの31m、60m、100mによって違った基準が設定されています。 一般的に、超高層建築物というのは高さが60m以上の建物であるという考え方があり、タワーマンションはこれに当てはまる住居用建築物のことを言います。 60m以上の高さのタワーマンションの場合は、20階建て以上の階数になります。

つまり、タワーマンションというのは、住居用建築物で60m以上の高さ、約20階建て以上の階数があるものと考えるといいでしょう。
・基準は高くなるほど厳しい 建築基準法においては、60m以上の高さの超高層建築物に対して、より基準の厳しいものが建物の構造耐力について設けられています。
消防法によって、100m以上の高さの場合にはヘリポートを緊急の際のために設ける義務などもあり、このような基準を満たすためには費用が莫大にかかります。 なお、詳しいことについては、タワーマンションの建築基準を後からご紹介します。

逆に言うと、タワーマンションの場合は普通のマンションに比較して、構造的に建物が優れていることも多くあります。
また、利便性や立地などにおいて、高い費用をかけて建てるだけの価値があるとも言えます。

・高いスペックのサービス・共用施設 先にご紹介したように、タワーマンションの一般的な定義は、60m以上の高さ、約20階建て以上の階数のマンションということになりますが、高いスペックのサービスや共用施設がある物件が多くあることも一つの特徴です。
パーティールームやジム、プールなど以外に、ゲストルームという住人の知り合いや親戚が泊まれるところが完備している物件もあります。 クリーニングの受け渡しやフロントコンシェルジュの24時間体制というような、普段の暮らしに役に立つサービスがある物件も多くあります。 タワーマンションは、裏付けが法律によって行われた建物の質とサービス・共用施設の充実度の両面において、大きな魅力があると言えるでしょう。

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれてます。